白髪を改善

どうして白髪が生えてくるの?

白髪が生えてくるのは誰しも嫌なものです。特に女性としては、1本見つけただけでも気落ちしてしまいますし、できれば事前に予防したいと思うものです。既に白髪が見え始めていたとしても、ケアを行ってできるだけ改善したいものですね。そのためにはまず、白髪がどうして生えてくるのかを知っておくことは、今後の対策を考えるためには大切です。白髪ができるメカニズムを知る上でポイントとなるのは、メラニンという色素です。

 

実は、もともと髪の毛ができたときは白色をしているのです。つまり、毛自体は白い状態で生まれてくるのです。それが、メラニンという色素によって黒に変わります。メラニン色素を作るのがメラノサイト(色素細胞)と呼ばれるものです。このメラノサイトの働きが鈍くなり、メラニン色素が減少することによって、黒くする機能が弱ってしまい、結果として白髪が増えてしまうのです。メラノサイトの働きが弱まってしまう理由として、複数の要因が考えられます。

 

まず、老化によってもメラノサイトの機能は弱まります。また、メラノサイトに必要なミネラル、アミノ酸などの栄養素が不足している場合もあります。それから、遺伝、生活習慣、ストレス、病気などが原因となって、メラノサイトの働きが弱くなっていることもあります。こうした要因がひとつではなく、いくつか重なっていることもあります。いずれにせよ、白髪ケアのためには、こうしたメカニズムを知ることが大切な第一歩になります。